ブログ

当歯科医院で虫歯治療の歯の詰め物には、金属製のものやセラミック、プラスチックのような「コンポジットレジン」が用意されています。

 

当歯科医院で虫歯治療の歯の詰め物には、金属製のものやセラミック、プラスチックのような「コンポジットレジン」が用意されています。

メタルボンドクラウン(MB)

金属のコアにセラミックを焼き付けた被せもの。すべてのケースに対応できる被せもので通常はこの被せものとなります。前歯から奥歯まですべてに使用できます。

オールセラミッククラウン

コンピューターで削りだしたコア材にセラミックを焼き付けたかぶせものでセラミック冠と同等かそれ以上の強度があることと、 全く金属を使用していないので金属アレルギーのある方にも問題なく、明るく非常に見た目の良い被せものです。 ただし、色を合わせるのがやや難しいために左右対称に被せるケースに向いています。

ハイブリッドインレー

奥歯ですでに金属の詰め物がされていたりこれから詰め物をする場合に金属では気になる場合に詰める白いセラミック製の詰め物。

ハイブリッドレジン前装冠

ホワイトニングとは、変色した歯を薬品によって白くする方法で歯のマニキュアなどと異なる方法です。 歯の表面から専用の薬と、特殊なライトにより、何本かをまとめて白くセラミックに比べると質は落ちるが奥歯であまり歯の色にはこだわらないケースで治療費を抑えたいケースに使用されます。


インプラントについて 院長:能智星悟


歯が抜けたまま放置しておくとこんなことになります。
  • 残った歯の寿命が短くなる
  • 隣の歯が倒れてくる
  • 対合していた歯が伸びてくる
  • だから噛み合わせが狂う
  • 噛み合わせが狂うと頭痛や肩こり、ひどいと顎関節症になる危険がある

正常な位置に生えていた歯が抜けたり、抜いたりした後、まだ、お食事に支障がないからといって、そのまま放置すると、残された歯に加わる負担が大きくなるため、それらの歯の寿命が短くなります。そしてそれだけでなく、抜けた部分に隣の歯が倒れてきたり、噛み合わせの相手を失くした歯が伸びてきたりして、歯並びがくずれ、噛み合わせが狂ってしまいます。歯が抜けたところには、必ず治療を行って、左右のどちらでもバランス良く噛めるようにすることが大切です。豊かな食生活の実現、若々しい口元の再現は、何歳になっても可能です。いつでもご相談ください。

院長:能智星悟

 

入れ歯でお困りの方に(ご相談は無料です)





ホワイトニングで白い歯で笑顔が素敵な人に!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る