ブログ

歯が抜けたまま放置しておくとこんなことになります。

歯が抜けたまま放置しておくとこんなことになります。

  • 残った歯の寿命が短くなる
  • 隣の歯が倒れてくる
  • 対合していた歯が伸びてくる
  • だから噛み合わせが狂う
  • 噛み合わせが狂うと頭痛や肩こり、ひどいと顎関節症になる危険がある

正常な位置に生えていた歯が抜けたり、抜いたりした後、まだ、お食事に支障がないからといって、そのまま放置すると、残された歯に加わる負担が大きくなるため、それらの歯の寿命が短くなります。そしてそれだけでなく、抜けた部分に隣の歯が倒れてきたり、噛み合わせの相手を失くした歯が伸びてきたりして、歯並びがくずれ、噛み合わせが狂ってしまいます。歯が抜けたところには、必ず治療を行って、左右のどちらでもバランス良く噛めるようにすることが大切です。豊かな食生活の実現、若々しい口元の再現は、何歳になっても可能です。いつでもご相談ください。

 院長:能智星悟

 

歯の抜けたところに行なう治療は、3つあります

部分入れ歯

ブリッジ

インプラント

歯を失ったときに行う治療のうち、今まで最も多かった治療は、この部分入れ歯でした。しかし、インプラント技術が向上してきた今、部分入れ歯を選択しない人が増えてきています。

部分入れ歯のデメリット

 部分入れ歯のデメリットは、「見た目が悪い」「噛む力が弱まる」など色々とありますが、最も大きいデメリットは、「残っている歯に大きな負担をかけ、寿命を縮める」ことでしょう。
左図のように、部分入れ歯は、歯と歯肉が混在しており、力がかかるとおのおの沈み込み(被圧変位)が違うため、その差がバネのかかる歯を駄目にします。また、歯肉(顎堤)を吸収し続けます。

ブリッジのデメリット

次にブリッジの欠点は、なんといっても、「両隣の健全な歯の寿命が縮まる」点が挙げられます。まず、ブリッジ装着時に、当然、両隣の歯を削らなければなりません。削るとやはり歯の寿命は短くなります。
そして、装着後にも両隣の歯に負担がかかります。例えば1本歯を失った場合、前と後ろの歯を削り、3本分の噛み合わせの力を2本分で支えるために、過重負担になります。(単純計算でも1.5倍も圧力が必要)欠損が2本分であれば、さらに過重負担になる事が考えられますね。
両隣の歯と被さっているダミーの詰め物の間の清掃が非常に困難なため、この間から虫歯や歯周病になる可能性が高まります。

 部分入れ歯にしてもブリッジにしても、両隣の歯に負担をかけることは、ご理解いただけたと思います。「負担をかける」とは、「両隣の歯もダメになる(=抜歯する)」ことに繋がるわけです。
つまり、部分入れ歯やブリッジが、隣の歯をダメにし、さらに大きな部分入れ歯やブリッジにすると、さらにその隣の歯がダメになる・・・。


それを繰り返すと、「総入れ歯」になってしまうわけです。
これが、今までの歯科治療の限界でした。
その解決法が、インプラントになります。

インプラントが選ばれる理由

 インプラントは、あごの骨にしっかり固定されているので、自分の歯のようにしっかりと噛むことができます。つまり、今までのような美味しい食事が楽しめるわけです。

 また、両隣の歯も削らずに済みますし、負担する力も、従来と同じ程度の負担で済みますから、両隣の歯の寿命を縮めることもありません。万が一、将来インプラントを失うことになっても、再度インプラントを植えることも可能です。

インプラントのメリット

●天然歯と同じ食生活
●残っている歯にやさしい治療
●長期にわたっていい噛み合わせ  が維持できる

 「誰でも年をとれば、入れ歯になるのは仕方ないね」と思う方が多いかもしれません。おじいちゃんやおばあちゃんを見ていると、そう思われるのも自然かもしれません。
新しい治療方法ですので、ご不安な点もあると思います。
私どもでは、無料相談から始まり、お客様のご納得をいただくために、しっかりとしたご説明をしてご納得をいただいてから治療をはじめさせていただきます。


インプラントとは


それでは、第三の治療の選択肢のインプラントとは、どのような治療なのか?
上の図のように(右:天然歯、左:インプラント)、歯の根に代る人工的な根を骨の中に埋め込んだ上で、その上に歯を形成しようと考えたのがインプラントです。実際は骨に穴をあけて、そこにチタン等の人工歯根を埋め込み、それが骨とがっちりと接着した状態で、その上に人工の歯を取りつける治療方法です。

インプラントのデメリットについて
しかし、インプラントにもデメリットがないわけではありません。
医学的なデメリットはありませんが、どうしても外科手術を伴うため、患者様には心理的に次のような不安があるようです。

● 手術時の痛みの不安
手術といえば痛そうなイメージが付き物ですが、麻酔下(無痛)で行います。無痛の状態が得られたことを確認してから手術は始まります。
手術時間は、予定する本数にもよりますが、一本60分ぐらいで、少し難しい抜歯と同じぐらいですので、ご安心ください!

● 手術の成功率の不安
外科的な手術はやはり誰にとっても恐いものですよね。インプラントが骨と結合する(オッセオインテグレーション)率は、上顎では95%、下顎では98%以上です。

● 耐久年数の不安
インプラント手術をしても3年と持たずに外れてしまうという話を聞くこともあります。それは、術前の診断をしっかり行っていないこと、術後のメインテナンスを怠っていたこと、歯科医師の技術不足のいずれかの(もしくは複数の)理由が考えられます。当院では、そのようなことがないように「技術の向上」「定期クリーニング」に努めています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る