お知らせ

定期的歯のメンテナンスとした場合としなかった場合の歯の寿命

定期的メンテナンスをしない場合、歯は歯周病となり、50歳前後で土台が崩壊、抜歯となります。

 

 

 

3ヶ月から4ヶ月のに一度の定期的メンテナンスを行った場合、80歳になっても歯が残る可能性が大きくなります。

ページ上部へ戻る